大人もかかるプール熱の3つの特徴!予防治療法

うぁ、目が真っ赤!そして、高熱、喉の炎症、このサインが出たら、プール熱!

そう、感染症は、予防が大切ですね。

特徴ある症状が3つありますので、変だな?と思ったら、すぐに係りつけの医師を受診しましょう。

 



スポンサーリンク


プール熱とは

咽頭結膜熱という、アデノウィルスによる感染症で、夏かぜの一種です。

プールの水によって感染しやすいため、プール熱と呼ばれていますが、学校において予防すべき感染症・第2種のひとつに指定されている、学校で流行する可能性が高い、伝染病です。

特徴的な3つの症状が治った後でも、2日間は、絶対に登校・登園が禁止されていますので、注意してください。

 

特徴的な3つの症状

突然の高熱(39-40度): 4-7日続きます。

強い咽頭痛、喉の腫れ: ときに桃腺炎を発症することも

結膜炎・目の充血: 真っ赤になるのが特徴

 

乳幼児・小児が多く感染しますが、大人にも感染しますので、注意が必要です。

大人の場合:

結膜炎(眼の充血)は軽いようですが、激しい喉の炎症(痛み・赤み)が特徴的です。

また、高熱(39-40度)も3-5日続きます。

また、胃腸炎、急性呼吸感染症、出血性膀胱炎、流行性角結膜炎などを発症するケースもあります。

そうなると、重症化、長期化しますので、感染したと思ったら、すぐに医師の受診してください。

 

感染経路

飛沫感染、接触感染、糞口感染

プール熱と呼ばれるように、プールで感染する場合が多いようです。どのように感染するかというと



スポンサーリンク




  • ウィルスが含まれているプールの水から、目・口を介しウィルスが体内へ侵入するケース
  • タオル、施設のドアや壁など、とにかく触ったところにウィルスが付着しているので、その触った部分を介して、体内にウィルスが感染するケース

したがって、プールに入らないから大丈夫、というわけではないのです。

 

潜伏期間

感染後5-7日潜伏し、その後3-5日で発症します。

発症から2週間は回復期間と呼ばれますが、この間でも感染します。

 

感染したら

非常に感染力が強いため、幼稚園・保育園・学校を休ませ、大人も会社へ出勤しないでください。

 

治療法

特効薬はありません。基本は、自宅で安静にすることですが、対症治療として、抗炎症剤内服薬、点眼治療、解熱剤投与、など行われます。

高熱、喉の炎症、眼の充血、この症状が治まるのに、最大でも2週間かかりますので、感染を予防するためにも、長い目で焦らずに治療することが必要です。

前述した3つの特徴が出たら、すぐに、係りつけの医師を受診してください。

 

予防法

・プールで泳いだ後、しっかり目を洗う。

・プールで泳いだ後、しっかりシャワーを浴びる。

・石鹸でしっかり手を洗う。

・タオルの共有をしない。

・感染している家族は、マスクを着用してください。

・おむつ交換の際、マスクや手袋など使用することも対策のひとつです。アデノウィルスは、最大で1ヶ月間、ウィルスを糞便として排出しますので、オムツ交換には最大の注意が必要といえます。

 



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ