舌苔をとりたい人必見!予防法と治療法を公開!

鏡よ鏡、世界で一番・・・美し・・・舌が、美しくない!?

舌には、食べ物や飲み物の色が着色することがありますが、では、この白い苔みたいなのはなんでしょうか?気になります。。。これは、多くなった細胞の角質が、細菌といっしょになって溜まったものです。放っておいても大丈夫?口臭に関係してるの?気になる方は、必見です。

 



スポンサーリンク


舌苔(ぜったい)とは

舌の表面角質が伸びて硬くなり、その隙間に細菌や汚れが溜まって、白く苔が生えたようにみえます。

 

口臭との関係

口臭の原因は様々ですが、舌苔も一因といわれています。口臭そのものは、口内に生息する細菌が、たんぱく質を分解して、臭いの原因となる硫化水素や揮発性硫黄化合物を作り出すためです。

舌苔のような生理的な口臭もありますが、病的な口臭(歯周病など)もあります。

 

原因

・細菌

・細胞角質が溜まる

・食べかす

・口呼吸している: 乾燥すると汚れがとりにくいためです

・唾液が少ない: ストレスに関係している方もいます。また疾患をもつ方もいます。唾液には殺菌効果のある成分が含まれていまので、唾液がが少ないと、口内炎ができたり、虫歯増えたり、歯周病になったりします。ものを良く噛んで食事すると唾液が多くなります。



スポンサーリンク




・舌運動機能が低下している: 就寝中は舌が動いてないので、口内には細菌がたくさん。起床時に一番口臭がきついのは、下が動いてなかったためです。

・舌位が低い: 舌の正しい位置というものがあります。それは、上あごについている状態です。上あごと擦れることで、自然に汚れが落ちているといわれています。

・抗生物質の長期間の服用: 抗生物質やステロイドなどを長時間服用している方に、黒い舌苔の方もいらっしゃいます。

 

対策

舌ブラシを使う

鏡の前で、あっかんべぇ、をしてみてください。水で濡らした舌ブラシを、なるべく舌の奥のほうにあて、舌の先まで引いてください。一度こすった後は、ブラシを水で洗い、またこすります。これを何度か繰り返してください。

起床時の舌に一番細菌がついているので、起床時に一度で大丈夫です。

それ以上やると粘膜を傷つける可能性があるので、注意してくださいね。

 

治療

特に治療は必要ありません。放っておいても、別に気にしなくても大丈夫です。

ただ、口臭などが気になる方でしたら、舌ブラシで、磨いてくださいね。



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ