大人も子供も必見!耳下膜炎はワクチン接種が唯一の予防対策だった

耳下の炎症、、、流行る、、、おたふく風邪と聞けば、もう皆さんおわかりですね。

おそらく幼少期から小学校低学年のときに、かかったことがある方がいらっしゃるかもしれません。

おたふく風邪なら知ってる!という方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこの耳下膜炎にかからない予防方法があります。大人も子供も必見!その唯一の方法をこれからお教えします。

 



スポンサーリンク


耳下膜炎とは

正式に「流行性耳下膜炎」と呼ばれ、流行という名の通り流行ります(感染します)。

ムンプスウィルス、というウィルスの感染が原因で発症する疾患です。

一般に、「おたふく風邪」として知られています。

 

原因

感染ルートは、飛沫(空気中への唾液が飛び散る咳)そして接触(唾液の付着)です。

 

発症年齢の大半は小児(2-12歳)ですが、青年や成人も感染します。

生後10ヶ月までは母体からの抗体が残っているため感染しません。

 

年間を通じて流行します。

感染率は、同居家族であれば97.5%、幼稚園、保育園、学校などの集団場所ではクラスメイトの90%が感染します。このように、耳下膜炎は非常に高い感染力をもちます。

 

感染しても30%の人は不顕性感染といって、まったく症状が出ないことがあります。感染したかどうかわからない場合は、医師の問診などの診察だけでは確認できないため、血液検査によって血液中のムンプスウィルスの抗体価を測定することで判明します。

 

特徴

発症から12-24時間以内に、唾液腺(耳の下)が腫れます。両側が腫れることがほとんどですが(同時に腫れる人もいれば、時間差をおいて片方が先に腫れはじめる人もいます)片方だけ腫れる人もいます。

 

症状

・潜伏期間:2-3週間

・発熱:多くの人に38-39度の熱が1数間ほど続きます。

・耳の下からあごの腫れ:3-4日間で最大になり、7-10日(長くても2週間)程度でひけます。

・強い痛み:特に唾液分泌(飲食時)の際に痛みが増加します。

 

合併症

合併症の確率は高く、最も多いのは無菌性髄膜炎で、10人に1人が合併症になります。



スポンサーリンク




耳下膜炎発症後、約3日後から高熱、頭痛、嘔吐という症状が出ます。

この3つの症状が出たら、迷わず、すぐにかかりつけの医師へ行きましょう。

 

また、青年から成人で発症する男性の20-30%は精巣炎、女性の7%は卵巣炎を合併します。

稀に、すい臓炎、腎炎、心筋炎なども合併します。

極稀に、感音性難聴を合併し、この場合は永続的な後遺症に悩まされます。

 

治療

自然治癒です。

 

熱や痛みを緩和する鎮痛剤などがありますが、自宅で安静にして休むこと、これが治療です。

青年や成人の方は会社や学校があるからと無理してしまいがちですが、そうしていると重症化してしまいますので、くれぐれも安静に。

 

自宅での治療ポイント

・感染症なので、絶対に隔離してください。

・脱水症状にならないように、水分補給はまめにしてください。

・腫れている部分の痛みが気になるようなら、冷やしてあげるのが効果的です。

・入浴は控えておきましょう。

・高熱、頭痛、嘔吐などの異常がみられた場合は、合併症が気になるので、すぐにかかり付けの医師へ行きましょう。

 

予防

ワクチン接種が唯一の予防策です。

 

1歳になったら小児科で接種できます。耳下膜炎は、任意ワクチンですので、保護者の方が接種を決定します。この病気は、非常に高い感染力を持ち、合併症率も高いので、任意といえどもワクチンは接種しておいたほうが良いでしょう。

現在のところ健康保険は適用されませんが、お住まいの自治体によっては費用助成が受けられるかもしれませんので、是非確認してみてください。

また、青年や成人で、ワクチン接種したかどうか覚えてない方、おたふく風邪にかかってない方、そういう方は血液検査で抗体の確認ができます。抗体がなければワクチンを接種することで予防策になります。気になる方は、是非、内科で受診してください。

青年や成人では、風邪かな?と勘違いして放っておいて重症化するケースがあるそうですので、要注意です。



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ