ファットスプレッドとマーガリン・バターとの違いはこれ!人体への影響は・・・

なにげなく普段から食しているものでも、表示をみて、あれ?と思うことがありますね。

ファットスプレッドって、カロリーが少ないから、ダイエットには良いんですよね?!

そう思っている方、これからお話する内容で、ちょっと食生活を見直すかもしれませんよ。

 



スポンサーリンク


ファットスプレッドとは

日本農林規格(JAS)で、油脂含量率が80%未満のマーガリンをファットスプレッドと呼びます。

ファットスプレッドは、マーガリンより水分が多く、カロリーも少なく、柔らかくて塗りやすいという特徴があり、また風味づけとして、フルーツやチョコレートなどの味をつけることも可能です。

 

マーガリンやバターとの違い

決定的な違いは、その成分、特に脂肪酸の含有割合にあります。

ファットスプレッド: 少量のトランス脂肪酸 と 不飽和脂肪酸(植物性脂肪)

マーガリン:トランス脂肪酸 と 不飽和脂肪酸(植物性脂肪)

バター: 飽和脂肪酸(動物性脂肪:牛乳の脂肪分から作られます)

 

人体への影響は

ファットスプレッドやマーガリンに含まれているのがトランス脂肪酸ですが、人体へのリスクがあると指摘されています。以下にいくつかあげてみます。

 

・心臓への悪影響: 主に、冠動脈閉塞、狭心症、心筋梗塞

・認知機能の低下

・動脈硬化: 悪玉コレステロールを増やすだけでなく善玉コレステロールまで減らしてしまいます。

・アレルギーやアトピーなどの発症原因の疑い

・不妊症の疑い

 

こうしてみると、ちょっと怖いですね。

ファットスプレッドは、カロリーも少ないし、飽和脂肪酸(動物性脂肪)も含まれてないから安心していたのに、善玉コレステロールまで減らしてたんですね。

 

トランス脂肪酸に関連して

トランス脂肪酸は動物の体内にも存在していて、牛や羊の乳に含まれています。



スポンサーリンク




でも、トランス脂肪酸は天然の植物油には含まれておらず、以下のような過程で作り出されます。

 

通常、植物油や魚油などの天然の不飽和脂肪酸は、酸化します。

そこで、この酸化による劣化がしにくい飽和脂肪酸を製造する過程で、水素を付加して硬くなった部分硬化油の製造過程で発生する飽和脂肪酸にならなかった一部が、トランス脂肪酸になります。

 

トランス脂肪酸は、今回とりあげたファットスプレッドやマーガリンだけでなく、ショートニングにも含まれています。

ショートニング、聞いたことある方、多いと思います。

小麦加工品(ビスケット、パン、ケーキ、スナック菓子)に多く使われています。

ちなみに、ファーストフード店では、からっと揚がるので揚げ油にショートニングが使用されていた時期もあります。

 

実は、2003年以降、このトランス脂肪酸を含む製品を規制する国が増えています。

日本では、トランス脂肪酸の接収量を一日のエネルギー量の1%未満とするよう推奨しています。

例えば、一日に必要なエネルギー量が1900Kcalならば、約2gと計算されます。

現在、日本人は平均して1g以下のトランス脂肪酸を摂取しているといわれていますので、推奨枠以内に収まっていますが、日本でも毎日あるいは定期的にファットスプレッドやマーガリンそして加工菓子を食している食生活であれば、当然摂取量は予想以上に増えますので、一概に日本人は少ないとはいいきれません。

 

腹八分目は健康の基だとよく言われますが、ファットスプレッドに限らず、なんでも適度が良いのでしょう。パン、ケーキ、加工食品などにも、トランス脂肪酸が含まれていますので、お買い物するときは表示を見てみるのもいいかもしれませんね。意外に多く接種してしまってる方もいらして、びっくりしてしまうかもしれませんが、そういう時は量を控えるなどして工夫しましょう。



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ