リンゴ病(大人)の症状と潜伏期間・治療法!

りんご!赤くて、甘くて、可愛らしいイメージがありますが、、、

正式名は「伝染性紅斑」という感染症です。両頬が赤くなるのが目視で確認できます。

 

原因

ウィルス名: ヒトパルボウィルスB19

 

感染経路

・飛沫感染(咳やくしゃみなどによる空気感染)

・母子感染(妊娠中に感染すると、胎児に影響がでますので、妊娠期間中の方は十分予防策を練って、心配なようならば医師の診察をすぐに受けてください)

 

潜伏期間: 約10-20日間 頬が赤くなる前、風邪に似た症状が出る時期、一番感染力があります

 

発症期間: 1-2週間 両頬が赤くなっている期間ですが、すでに感染力は弱まっています

 

主に小児で発症しますが、大人も感染しますが、症状は小児とはちょっと異なります。

大人の場合「関節炎」「倦怠感」「手足の発疹」が多く見られますが、両頬が赤くなることはあまりないようです。

 

妊婦の感染は、特に注意が必要です。重度の貧血から胎児の死亡、流産、胎児水腫を起こす可能性がありますので、予防を徹底してください。



スポンサーリンク




 

特徴・症状

  • 紅班が出る前、発熱(微熱)、咳、鼻水・鼻づまりなど風邪のような症状が出ますこのとき、すでにウィルスに感染しています。隔離させることが重要ですが、りんご病と気づくことが少ないようです。
  • 両頬に紅班(赤い発疹)が現れます。痒みを伴います。このときは、既に発症しているので、感染力は弱まっており、殆ど感染しません。全身にのこぎり歯状やレース状の紅班が出ます。(腹、腕、尻など)

 

予防法

飛沫感染ですので、マスクの使用が一番有効な感染予防です。

感染した子供は、保育園、幼稚園、学校をすぐに休ませ隔離させなければいけませんが、風邪と同じ様な症状のため、りんご病に感染したかどうか、実は判断できないのが現状です。

両頬が赤くなっている段階では、既に感染力は弱まっているので、その前の段階でどのように気づき、隔離させるかがポイントです。

風邪かな?と思ったら、大事をとって、まずは1週間ほど自宅で休ませることが対策と思われます。当然、かかりつけの医師を受診してください。

 

治療法

ワクチンによる予防接種はありませんので、自然治癒が基本です。

重症な場合は薬が投与されることもあります。

 

両頬が赤くなっている段階では、すでに感染力は弱まっているため、保育園や幼稚園・学校へ行っても問題ありません。入浴も大丈夫です。

 



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ