紫外線アレルギーって?症状・原因・対策をご紹介

夏だから、こんがり小麦色の肌が健康的!ところが、なんだか肌に異変が・・・!?

この紫外線が原因によるアレルギーですが、今まで平気だったのに突然発症することがあります。

 



スポンサーリンク


紫外線アレルギーとは

光線過敏症あるいは日光アレルギーとも呼ばれます。日光が原因で引き起こされる免疫反応のシステムです。通常浴びても問題ない程度の日光にあたるだけで、皮膚が赤くなる、湿疹ができる、腫れる、水ぶくれができる、痒いなどの症状が出ます。

 

アレルギー症状

日光にあたった部分の皮膚だけに現れる症状に、以下のようなものがあります。

皮膚: 発疹、赤くなる、かぶれる、腫れる、炎症がおこる

眼: 充血、異物感、腫れる

身体: 頭痛、倦怠感、吐き気、発熱

 

原因

遺伝性代謝異常アレルギー性などが考えられます。

なかでも、最近多いのが薬剤性光線過敏症です。薬品や塗り薬を塗った部分が日光にあたると、その部分だけに発疹などのアレルギー症状が出ます。日焼け止めやサンスクリーンに含まれる紫外線吸収剤があわない、皮膚に貼っていた湿布や薬が反応する、化粧品が反応するなど様々なので、それぞれの原因に合わせた対策が必要です。

 

対策

アレルギーというだけあって、やはり原因となる日光に当たらないようにすることが大切です。

そうかといって、外出しないわけにもいきませんので、皮膚を隠す対策をまず考えましょう。

 

・基本の3点グッズ: 日傘、帽子、サングラス



スポンサーリンク




 

・外出時間を選ぶ: 紫外線が強い時間帯(10-14時)の外出をなるべく避けます。

 

・サンスクリーンを使用する: これは一概に良いとは言えません。というのも、前述したように、サンスクリーンやUVカット製品に含まれている化学薬品に、かぶれてしまう方もいるからです。薬品や化粧品にかぶれる皮膚の弱い方は、なるべくSPF数値が少ない、あるいは敏感肌につけても大丈夫なものを選んでください。

 

・UVカットのフィルターやカーテン: 室内や車内でも紫外線は浴びていますので、車内であればUVカットフィルムを貼ったり、室内であれば、窓ガラスやカーテンなどでもUV対策が可能です。

 

治療

上記にあげた症状が現れ、紫外線アレルギーかな?と思ったら、すぐに皮膚科を受診してください。

診察結果によって、飲み薬や塗り薬が処方されますので、早めに治療をしてください。

 

紫外線を避けたいなら以下をチェック

紫外線が強い時期: 5-9月

紫外線が強い時間帯: 10-14時

紫外線が強い地域や場所: 標高が高い場所、また南に位置する地域

 

女性の方でしたら、紫外線に関する知識が豊富だと思います。紫外線は、そばかす、しみ、しわの原因になり、光老化といって皮膚の老化につながっています。また、紫外線による皮膚がんも忘れてはいけません。日本人は黄色人種のため白人ほど皮膚がんにならないといわれていますが、油断大敵です。

紫外線は肌によくないといわれていますので、男性の方、また紫外線アレルギーを発症しない方も、日光の浴びすぎには注意してくださいね。



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ