命の危険を伴うヒートショックの予防対策

寒い日の入浴は、心身ともに温まって、極楽!極楽!

いえ、実は、寒い日こそ、入浴に注意が必要です。

入浴で死亡する数は、年間1万7000名といわれています。原因は「ヒートショック」です。

 



スポンサーリンク


ヒートショックとは

急激な温度変化によって身体が受ける影響をいいますが、医学用語ではありません。

冬場に、温度が高い・温かい場所(部屋)から、温度が低い・寒い場所、例えば浴室、脱衣所、トイレへ移動した際に、ヒートショック現象が起こります。

温度差による血圧の変化が原因です。

 

リビングルームやキッチンほど温度が高くない脱衣所や浴室では、室温が10度以下になっている場合が多いそうです。そういった環境で、衣服の着脱を行ったり、肌の露出をするため、身体の表面温度が急速に低下します。そこで、心臓が血液を体内にたくさん送ろうとするため、血圧が急上昇します。ところが、血圧が上昇している状態で、今度は温かい湯船につかりますと、血圧が急降下します。

その結果として、血圧の急上昇により、不整脈、心筋梗塞、脳梗塞が起こり、血圧の急降下により、失神します。

 

ヒートショックリスクが高い人

高齢者

高血圧症

糖尿病患者



スポンサーリンク




 

予防対策

・脱衣所、トイレの温度を上げる: 温度差が原因になっていますので、温度が低いこれらの場所を暖めておくことが効果的です。持ち運び可能なヒーターやストーブなどを用いると良いでしょう。

 

・浴室を暖めておく: これも前述のように、脱衣所と仕切らずに温かい空気を送っておいたり、シャワーなどの蒸気を活用することで温度をあげておきます。現代の浴室であれば、ミストサウナや温度調節が可能な設備も整っていますので、冬場は大いに活用したいですね。

 

・寒くなる前の入浴: 日没前に入浴が可能な方であれば、日が沈む温かい時間に入浴を済ませてしまうことも効果的です。

 

・入浴前の声かけ: 高齢者方や病気をお持ちの方で、なんとなく心配だと思う方は、入浴前に同居家族に声をかけることをお勧めします。そうすることで、緊急時にも即座に対応できます。家族の方も、適切な室温に保たれているか、常に注意してあげてください。

 

加えて、家屋構造も室温を下げている要因でもあります。例えば、一軒家であれば、冬場に窓から熱が逃げていますし、断熱効果が低い壁であれば壁からも熱が逃げています。せっかく暖房しているのに、これではいたちごっこです。断熱材強化、カーテン、シャッターなどを利用して、なるべく温かい空気が逃げないような工夫をし、ヒートショックの原因になる温度差を防ぎましょう。



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ