子どもの歯ぎしりは成長の証?原因予防対策法

うちの子、ストレス抱えてるのかしら?あんなに音がひどいけど、歯は大丈夫かしら?

大人と子どもの歯ぎしりの原因はまったく異なります。大人の歯ぎしりの原因は、ストレスだといわれいます。さて、子どもはどうでしょうか?

安心してください!子どもの歯ぎしりについて、早速、勉強してみましょう。

 



スポンサーリンク


原因

約40%の子どもが、5-10歳までに、歯ぎしりを体験しています。

乳歯が抜け始めるのは、だいたい5歳くらいからです。そして、大人の歯である永久歯が生えそろうのが、だいたい10歳くらいです。

このように、5-10歳という歯が変わる時期に合わせて、歯ぎしりが起こっているのです。

歯が大人になる、つまりそれに合わせて、顎も成長しています。その期間は、歯の間に隙間ができますし、上あごと下あごのかみ合わせも悪くなっていますので、歯ぎしりによって、これを調整しているといわれています。

 

また、意外なようですが、乳歯の期間、5歳以下の乳幼児、赤ちゃんですらも、歯ぎしりが確認できています。赤ちゃんには、ものを吸う力があります。また、たった数本の乳歯でも、ものを噛みます。

乳幼児は、吸うことから噛むことへの顎の位置調整を、歯ぎしりすることで探しているようです。

噛む練習をしている、ともいわれています。

 

ストレスじゃなかった!よかったですね!

乳幼児や子どもの歯ぎしりは、成長している証拠です!



スポンサーリンク




 

治療と予防

赤ちゃん、乳幼児、10歳以下の歯が生え変わる時期の歯ぎしりでしたら、成長している証拠なので、基本的に治療する必要はありません。

 

しかし、永久歯が生えそろった後、10歳を超えてからも、歯ぎしりをするようでしたら、歯をすり減らし、顎を痛めますので、歯科医に診てもらう必要があります。

 

マウスピース: 一番効果的といわれています。

歯科医で、子供さんの歯と顎にしっかり合わせたマウスピースを作ってもらいます。健康保険も適用されますので、気になるようでしたら作ってもらいましょう。歯ぎしりは、寝ているときに起こりますので、毎晩装着します。慣れるまで心地悪いかもしれませんが、その後も定期的に歯科医を受診して、歯が磨り減ってないか、顎が痛んでないか、診てもらいましょう。

 

歯の矯正: 歯並びが悪かったり、かみ合わせが悪い場合は、矯正をする方が多いようです。矯正すると、歯ぎしりが改善されることがありますので、これも歯科医に相談してみましょう。

 

食事は良く噛んで: これは基本ですね。沢山噛むことで、唾液も沢山出ますし、消化も助けますし、歯も丈夫になるといわれていますので、良く噛む食事方法を習慣づけましょう。

 

まだまだ子ども、と思っていても、歯をみると、しっかり大人の歯だったりします。

子どもの成長は、思考や行動だけではなく、歯の成長でも確認できます。一生付き合う歯、大切に見守ってあげましょう。



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ