やけ食いと感情の関係性の謎!感情をコントロールする方法はストレスにあり!?

やけ食い。

失恋したり、嫌なことがあったりすると

ついついやってしまうのがやけ食いですよね。

 

この記事では、やけ食いと感情の関係、

またやけ食いの対処法についてご紹介します。



スポンサーリンク


やけ食いと感情の関係性

「やけ食い」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

やけ食いは英語でEmotional Eating (エモーショナルイーティング)

と言い、感情に任せて食べてしまうというのが正式な

意味というのは知っていましたか?

 

人間はストレスを感じると体内でコルチゾールと

言う物質が分泌されます。このコルチゾールは食欲

を増幅する作用があり、ストレスを感じれば感じる程、

 

やけ食いをする事でストレスを失くそうと思い

やけ食いをしてしまうのです。

 

一方で、ストレスを感じた時にはやけ食いではなく

逆に食欲がなくなる人もいます。

 

原因としてはストレスによる自律神経の異常や、

胃腸機能の低下などがあります。

 

やけ食いをしないための方法!

アメリカの大学の研究によるとストレスを感じた状態で



スポンサーリンク




食事をした場合、ストレスを感じていない場合と比べて

カロリー消費量が少なく、太りやすいという研究結果が出ています。

 

 

ただでさえ、一杯食べるやけ食いなのに、

普段の状態よりも太りやすいなんてとんでもないですよね!

 

ではどうすればやけ食いをコントロールできるのか。

 

①1人で食事をしない

自分でコントーロールできないなら、人に止めてもらう。

友達と一緒に話ながら食事をする事でストレスも

解消でき、食事量も注意してくれるでしょう。

 

②食事の質を上げる

心や胃を満たすのは何も沢山食べることだけではありません。

普段行かないようなオシャレなレストランで食事したり、

景色の綺麗なお店で食事をしたり、量ではなく質を上げて

心と胃を満たして上げましょう。

 

③よく噛む

いっぱい食べたいなら食べれば良い!

でも、いっぱい噛む事。

これでもかっていうぐらい。

 

そうすれば一杯食べようと意気込んで食べても

いつの間にか満腹感が訪れてやけ食いせずに済むでしょう。

 

まとめ

やけ食いをしてしまうとやけ食いしてしまった

自分にストレスを感じ悪循環に陥ってしまいます。

 

この悪循環に入ってしまわないように、

上記で紹介した方法を活用してみてください!



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ