昼食抜きダイエットのメリット・デメリット

昼食は忙しい時は食べないなんてこともあり、

昼食ダイエットというダイエットも出てきたみたいですね。

 

実際のところ昼食抜きダイエットは良いのか悪いのか、

いい点だけでなく悪い点も紹介して行きたいと思います。

「体重計」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)



スポンサーリンク


昼食抜きダイエットのメリット

・総摂取カロリーが減る

・昼食代が浮く

 

ダイエットの原則として総摂取カロリーが

消費カロリーを下回れば、痩せることができす。

 

昼食の摂取カロリーは約800kcal

脂肪1g燃焼するには7kcal必要と言われています。

 

仮に脂肪1kgダイエットしようとすると

7000kcal分消費カロリーが総摂取カロリーを

上回れば良いという事にになります。

 

つまり、昼食ダイエットをした場合を考えると

約9日間1kgのダイエットする事が出来るということになります!

1ヶ月では3kg痩せることが出来る計算になります!

 

実際には痩せるほど消費カロリーが減ってくると思うので

ここまで上手くは行かないとは思いませんが努力次第では



スポンサーリンク




可能でしょう^^

 

また、昼食を抜くので昼食代が浮くというのも

メリットの一つでしょう。

 

お金のない学生さん、お小遣い制のお父さんにとっては

一石二鳥のダイエットかもしれませんね。

 

昼食抜きダイエットのデメリット

・血糖値が下がる

・3食取った場合と総摂取カロリーが同じ場合肝臓に負担がかかる

・辛い

 

一方のデメリットはというと、

医学的観点から行きますと、2食にすると食事をしない分

血糖値が下がりますますので、総摂取カロリーが同じ場合

夜にがっつり食べてしまうと一気に体が栄養を吸収しダイエットの効果が得られないでしょう。

 

また、朝食、夜食でいつもより多く食べると

3回で吸収していた物を2回で吸収するので

肝臓への負担が大きくなってしまうのが昼食抜きダイエットの欠点と

言えるでしょう。

 

とはいえ、江戸時代以前までは昼は抜きの

1日2食の生活をしていたみたいなので

そこまで健康面での心配はないでしょう。

 

あとは、昼食を抜くのが辛いという

デメリットぐらいでしょうか(笑)。

 

実践者の方の意見では

皆が食べている時に食べられない辛さ、

やっぱりどうしても食べたくなってしまうといった衝動にかられる

といった意見が見られました。

 

 

おわりに

世の中に色々なダイエットがありますし、

昼食抜きダイエットも数ある内の一つにすぎないでしょう。

そして、その人に合う合わないもあると思うので、

物は試しと思ってぜひ実践してみてください。

参考になれば幸いです。



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

One Response to “昼食抜きダイエットのメリット・デメリット”

  1. 山田隆央 より:

    昼食抜きの2食にしてから約1年になります。
    小さな会社を経営してますが、出社が遅くて朝食は9時半くらいになります。そうすると当然昼食は2時とか3時になってしまい、夜の食事は大して空腹でもないのに無理やり食べることになります。お酒が好きですから、そういった環境で夕食を食べると、まったく充実感がないうえに過食で、腹が出て体重もどんどん増える一方になって10年前75㎏だった体重も83kgと、哀れな体形になってしまいました。夜のお酒と食事を充実させたい一心で、昼食を抜いてみると、これがなんとすごいあっという間に77kgと減量に成功。朝は普通に食べたり、ちょっと少な目だったり。経済的にも大助かりで、昼間は頭もすっきりだし、空腹も心地よくて体調はすこぶる快調です。なんとなく始めた2食は最高に気持ちよくて・・。ただ無理はしないでお昼のラーメンや、カレーライスも週に一度金曜に食べてストレス解消しています。来客があっ
    たら適当に昼も食べますし、無理はしないで続けてます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ