習慣化したクセを修正する方法

爪を噛んだり鼻くそをほじったり、

人間直したい癖って誰でもあると思います。

 

でも、習慣化したクセって中々直せないですよね。

でもご安心を。いったいどうやって直せば良いのか。

クセの直し方を知り実践すればあなたもきっと直せます!

「爪を噛む」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)



スポンサーリンク


ステップ1:自分の癖をメモする

まずは自分の癖を知る事から始めましょう。

自分が直したい癖が例えば「爪を噛む」というものだとして、

いつどこでどんな時自分が爪を噛んでいるのか

爪を噛んでしまった場合にはメモをするようにしましょう。

 

癖には知らず知らずのうちにやってしまう場合がありますので、

まずは自分の癖がどのような時に為されているのか確認しましょう。

 

ステップ2:クセを直す

自分がどんな時に癖の行動をしているのか

確認できたら次は癖を実際に直す行動に移りましょう。

 

で、実際に何をするのかというと、癖の行動がしたいと

かられたときにそれを抑止する行動を取るようにしましょう。

 

具体的に言いますと「爪を噛みたい」という衝動にかられたときに



スポンサーリンク




「爪を噛まないように拳を握る」といった癖を取らないための

行動を取るようにしましょう。

 

癖というのは、不安や、安心といったものから

「爪を噛む」というよりも誤学習により習慣化されたものなので

日々意識して直そうと努力することで

習慣化したクセでも直す事が出来ます。

 

また、癖を直すポイントとして、無意識に

癖の行動を取らないように「爪を噛む」の場合でしたら

指に「爪噛まない」などといったマークを書くなどして

癖を直すことを常に意識するようにすると成功確率が高くなります。

 

また、悪い事だとおもっても直せない癖「浪費癖」など

脅迫観念にかられる行動の場合は周りの人に

「自分は○○の癖を直す」と公言すると効果的です。

 

周りの人に直したい癖を公言することで、

今までは、癖を辞めなくても自分が損するだけだったのが、

「他の人に嘘をつきたくない」、「もしも辞めなかったらバカにされる」

などといったプレッシャーを自分に掛ける事が出来ます。

 

結局は自分

周りに公言しても、結局癖を辞めるのはあなた自身です。

一番大事なのは自分が「癖を直したい」という気持ちを

強く持ち続けることが大事です。

頑張ってクセを直しましょう。

 



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ