寝不足による記憶障害の原因はマイクロスリープかも

慢性的な寝不足により、記憶が一瞬

飛ぶことがあります。

 

時間にすると数秒から十秒程意識がなくなる現象、

もしかしたらマイクロスリープが原因かもしれませんよ。

 



スポンサーリンク


マイクロスリープとは?

マイクロスリープとは数秒から長くて30秒程

無意識のうちに睡眠状態に陥る事を言います。

 

脳が極限まで疲労状態の時に生じる現象で

自分の意識とは関係なく自分の体を守る

防衛反応として勝手に眠りに落ちてしまいます。

 

本人も気づかないうちに睡眠状態に陥るため、

感覚としては「寝てしまう」というよりも

「記憶が飛ぶ」と表現したほうがいいかもしれません。

 

そして、マイクロスリープは時と場所を選ばないため、

車の運転中や重機で作業中などに生じ、

危険な事故に繋がりかねません。

 

そのため、免許証も重度の睡眠障害を抱えた人は

免許証の更新や取得が出来ない場合もあるそうです。



スポンサーリンク




 

マイクロスリープの原因

マイクロスリープは、極度の睡眠不足によるもの、

無意識に眠くなっってしまう病気ナルコレプシーによるもの、

心身の疲労によるもの、睡眠時無呼吸症候群などが原因としてあげられます。

 

マイクロスリープの治療法

マイクロスリープの原因の多くは十分な睡眠が取れていない事であるため、

自身の睡眠時間や質を改善することがマイクロスリープの対策となります。

 

特に睡眠時無呼吸症候群は、自分では気づきにくいため、

病院での治療をオススメします。

 

自分で出来る事としては、

・睡眠環境(枕、布団、温度、室温など)を整える。

・規則正しい生活(食事・運動・早寝早起きなど)をする

・睡眠時間を確保する

などが挙げられるでしょう。

 

 

 



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ