早起きの癖をつける方法を有名人から学ぶ

「早起きは3文の得」とわかっていても

いざ実践する事って難しいんですよね。

 

実は、巨万の富を成した成功者の多くは

早起きをしています。

 

成功者達がいったいどのように、早起きをしているのか、

有名著名人達の実例を元に早起きのコツをみてみましょう。

 



スポンサーリンク


早起きする有名人

 

スティーブジョブス 元アップル社長

6時起床。毎日朝起きると鏡で自分の顔を見ながら

「今日、自分が最後の日だとした場合に、自分が今日やろうとしていることは、本当に自分がしたいことだろうか?」

と自問自答していたそうです。

 

ハワードショルツ スターバックス社長

4時30分起床。朝起きて奥さんにコーヒーを入れてあげるそうです。

 

ジャックドーシー Twitter創始者

朝5時30分起床。起床後、瞑想し、6マイル(約9.6km)ジョギングをしてから

仕事に行っていた。

 

ロバートアイガー ウォルトディズニー社長

4時30分起床。起床後、部下にメールを送る。



スポンサーリンク




 

ミシェルオバマ アメリカ大統領

4時30分起床。子供が起きる前に運動し、その後

家族と一緒に朝食をとるそうです。

 

マークパーカー ナイキの社長

5時00分に起床。起床後、毎日1時間の運動。

 

有名人の成功例に見る、早起きのコツ

 

①起床後、運動する

早起きされる有名人の多くの方が起床後、運動を

しています。起床後、何もしないでボーットしないのも

早起きのコツなのかもしれません。

 

②自分ルールを作る

起床後何をするのか、自分でルールを決めてみましょう。

起床後に好きな事をやる予定を組めば、

早起きも楽しみなるでしょう。

 

例としては、

・朝起きて恋人と電話する

・運動をする

・散歩する

・ゲームをする

などなど、

 

待ち望んでいた旅行の日には

早起きが出来るように、毎日好きな事を

起床後にしてみてください。

 

続ける事で毎日の習慣となるでしょう。



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ