汗をかかない方法3つ紹介します

夏の熱い季節になるとどうしても

沢山の汗をかいてしまいますよね。

 

でも、人の目も気になりますし、出来れば汗はかきたくないし。

どうすれば汗を減らせるのか一緒に見て行きましょう。



スポンサーリンク


体全体の汗を減らす

汗は体の熱を逃がす効果があるため、

体が熱いと体温調整を行うために汗をかく量が多くなります。

 

そのため、体を冷やすことで汗を減らす事が出来ます。

オススメの冷やす場所は首・脇です。

 

首と脇には太い血管が通っているので、

この血管を冷やすことで血液が冷えて体全体の温度が下がります。

 

方法としては、コンビニや自販機でジュースを買って

当ててあげたり、冷却シートや、氷などを当てて冷やしてあげるましょう。

 

部分的にかく汗が気になる方

顔にかく汗が気になる。脚にかく汗が気になる。

手にかく汗が気になるといった、部分的に沢山の汗を

かく方は汗を出す能動汗腺の数が少ないのかもしれません。

 

汗を分泌する汗腺はアクリン腺とエクリン腺の2種類があります。

アクリン腺:人間のフェロモンを出す汗腺

エクリン腺:体温維持の働きがある汗腺

 

エクリン腺は体全体に200〜500万個あると言われおり、

その中でも汗を出す能動汗腺汗を出さない不能汗腺に分けられます。

 

この能動汗腺は、住む地域や環境によって異なり

熱帯値域に住む人には多く、寒い地方に住む人は少ない傾向があります。

 

特に、現代のようにクーラーに当たりっぱなしの生活をしていると

常に涼しい状態で汗をかく必要がなくなるため、能動汗腺が少なく

なってしまうんです。

 

すると、どうなるのか。

 

体全体の能動汗腺が少なくなると、汗の量を補うために

代わりに手や脚、頭、など部分的にかく汗の量が多くなります

 

そのため、部分的汗をかいてしまう人は

体全体で汗をかくような体質にすることで、

汗が気にならないようにする事が出来ます。

 

体全体で汗をかくためのトレーニング方法

体全体で汗をかくためには、汗をかく機会を増やして

能動汗腺を増やし体全体で汗をかく体質にしましょう。

 

①有酸素運動をする

ウォーキングや水泳といった有酸素運動をする事で

汗腺から汗を出す訓練をすることが出来ます。

 

有酸素運動は酸素を取り込んで熱を生み出し、

その熱で脂肪を燃焼させます。

 

このとき生じた熱を下げるために汗が出ます。

一方で、激しい運動(無酸素運動)では糖をエネルギーにしているため

無酸素運動となるため汗が出ないので気をつけましょう。



スポンサーリンク




 

②高温浴と半身浴を利用する

いつもより熱い43度〜44度のお湯に、

腕から先の手と、膝より下の脚だけを10分〜15分程度

浸かることで汗腺を鍛える事が出来ます。

 

人間は脳の温度を調整するために特に頭周りの

汗腺が発達しており、逆に、頭から離れた手や

脚といった部分の汗腺はあまり発達していません。

 

そのため、この入浴方法で汗腺機能が低下している

部分の汗腺を鍛える事が出来ます。

 

 

その後、熱いお湯に浸かった後は、

湯船に水を足してぬるま湯にして

半身浴を行いましょう

 

高温のお湯で体が活動状態となる交感神経が刺激されたので、

ぬるま湯の湯では体をリラックス状態とする副交感神経を刺激し

自律神経のバランスをとりましょう

 

いずれの汗腺トレーニングも1日では効果はなく、

何日も続けることで体全体で汗をかきやすい体質に

する事が出来るので継続して取り組むようにしましょう。

 

一時的に汗を防ぐ方法

一時的に汗を防ぐ方法は、体を冷やす方法以外に

体を圧迫することで防ぐ皮膚圧反射を利用する方法があります。

 

皮膚圧反射は、体のある部分を圧迫する事で、

圧迫された部分と反対側の部分からの汗を抑える効果があります

 

有名な実用例として、舞子さんが、

帯で胸全体を強く圧迫しており、それにより

顔の汗を少なくしていると言われています

 

確かに、舞子さんって夏でも顔に

汗をかいてる人って見た事ありませんよね。

 

それでは、次は汗を抑えたい部分別に

圧迫する部位を見て行きましょう。

 

上半身の汗を抑えたい場合

空白ページ

上半身の汗を抑えたい場合には胸(乳首から約5cm上)の部分を

紐やタオルで縛りましょう。

 

下半身の汗を抑えたい場合

空白ページ-2

 

下半身の汗を抑えたい人はちょうど腰の部分を

紐やタオル、またベルトなどで縛る事で

汗を抑える事が出来ます。

 

 

まとめ

・体(首・脇)を冷やせば汗を抑えられる

・有酸素運動や入浴トレーニングで体全体で汗をかける体質にしよう

・上半身の汗が抑えたければ胸を縛ろう

・下半身の汗が抑えたければ腰を縛ろう

 



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ