運動で汗をかかない方法

汗は体温調整機能があるため、

汗をかく事は悪い事ではありません。

 

しかし、あんまりかきすぎるのも

人の目が気になりますよね。

 

特に、運動をした時どうしたら汗をかかなくなるのか

一緒に見て行きましょう。

 



スポンサーリンク


運動時に汗をかく原理

運動をすると、筋肉に多くの酸素を必要とするため

全身の血流が良くなります。

 

筋肉は体温の約60%を作り出しており、筋肉収縮時に

生じる熱が血液を通じて全身に運ばれることによって

体温が上昇する事になります。

 

すると上昇した体温を下げようとするために、

体から汗が出てくるのです。

 

心肺機能を鍛える

で、運動時に汗をかかないようにする方法としては

心肺機能を鍛えることです。

 

分かりやすい例として

体育の時間にマラソンをしていた時を考えましょう。

 

ある人は息が「ぜぇ〜はぁ〜」と苦しそうにしているのに、

ある人は息が全く切れてなくて楽そうにしている人がいませんでしたか?



スポンサーリンク




 

息が切れている子は、心肺機能が弱く

同じ運動でも多くエネルギーを消費しているため

多くの熱を発生し多くの汗をかいてしまいます。

 

一方で、息が全然切れていない子は心肺機能が強いため

同じ運動でも消費エネルギーが少ないために

あまり熱が発生せず、汗もあまりかきません。

 

心肺機能を鍛えるには?

オーバーロード(過負荷)の運動をすることです。

いつもと同じ負荷の運動では、体が順応してしまうため

心肺機能が向上しません。

 

思いっきりきついトレーニングをする事で、

運動中に汗をかく悩み解決できるでしょう・・・

 

汗をかかない為に、体を鍛えたくないw

トレーニングして体を鍛えれば汗が

かかなくなるのはわかったけど、正直

そんなことことしたくないですよねw

 

次の記事で、運動時以外にも適用できる

一般的な汗をかかない方法について書いてありますので

参考になさってください。

汗をかかない3つの方法

 



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ