緊張して首が震える原因がヤバい

極度に緊張状態になると、

人によっては首が震えてしまう症状が出る事があります。

 

首が震える原因はいくつかの可能性がありますので

順番に紹介して行きます。

 



スポンサーリンク


痙性斜頸(けいせいしゃけい)

「痙性斜頸」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

 

緊張時に図にように首が不自然な状態となり

振動や痛み痺れなどを発症する。

 

特に、痙性斜頸の場合、頭の位置が傾く事が多く

横を向いている人、上を向いている人、下を向いている人など

様々なケースがあります。

 

休養や安静を取る事で収まる多く、

ストレスや無理な姿勢が続くと生じる事が多いです。

 

また、一度発症すると1〜5年程度掛けて症状が

進行する場合が多く、その後は進行が停滞化する事が多いです。

 

そのため、早期発見のためにも心当たりがある方は

神経内科、脳神経外科、整形外科などの科に受診される事を



スポンサーリンク




オススメします。

 

 

本態性振戦(ほんたいせいしんせん)

同じ姿勢を保とうとするときに発生し、

文字を書く時、コップを持つ時、箸を使う時など

首や手などが震えてしまう病です。

 

また、精神的に緊張状態になると

症状が悪化する特徴があります。

 

40歳以上の人で16人〜20人に一人の割合で

発症する病で高齢の方が多く発症。

また、詳しい原因は明らかにされておらず、

症状も体が痺れるのみで、それ以上の症状が現れないのが特徴です。

診療科としては神経科が対象です。

 

チック症

体の一部が無意識にピクピクと動き、

まばたき、咳払い、鼻を鳴らす、顔面がピクピクと動く、

首を振るといった症状がみられます。

 

チック症の特徴としては他の症状と違い

本人の自覚なしに勝手に生じる症状で、

他の2つ異なり、緊張状態の有無に関わらず生じるのが特徴です。

 

発生原因としてはストレスが原因だと言われており、

対処法として、深呼吸をする事で気持ちを落ち着かせる

事が一時的な処置方法となります。

 

また、受診科としては心療内科や精神科或は神経科となっています。



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ