視力回復トレーニングで真性近視でも回復した話

近視には仮性近視と真性近視があります。

仮性近視は、真性近視になる途中の段階と言われ、

仮性近視の段階で視力回復トレーニングをすれば視力は回復するが、

真性近視になってしまったら、トレーニングでは視力は回復しないと言われています。

 

しかし、真性近視でもトレーニングで回復したという

書き込みがあったのでご紹介します。



スポンサーリンク


真性近視から視力回復した人

私は7年かけて、視力0.07から1.4まで上げた38歳の者です。メガネは小学4年からかけてました。視力が悪かった時に、コンタクトをつくりに眼医者にいき、なんとか視力を回復出来ないか聞いたら、軸性?近視だからあまり期待出来ないと言われ、今の私の状況からしてヤブ医者め!と思いました。根気さえあれば回復しますよ。ちなみに私がトレーニングを開始したのは31歳からです。トレーニングの内容は、夜にベランダから遠くにある一つの光を凝視して、なるべく小さくなるように見る(なかなか小さくなりませんが、我慢我慢) これを毎日1時間やりました。トレーニングはこれだけです。私の視力の変化は、始めてから一年間で0.2まであがり、それから二年と少しの間は視力が全く上がらず、半ば諦めていました。しかしまた少しずつ視力が回復し、今現在1.4です。実に長い道でした。



スポンサーリンク




http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1240225872

軸性近視は、いわゆる真性近視

 

この人は7年間毎日1時間遠くを見るというトレーニングを取り組んで

0.07〜1.4まで回復させて凄いですよね。

 

確かに、近視になるのも毎日ずっと近い物を見つめてる

生活を続けて近視になるので、近視を直す時間もそれ相当の時間を要するのかもしれません。

 

真性近視が直らない=まだ直った例がないだけ説

実際に毎日1時間、1年以上トレーニングを続ける実験を

するのって相当大変です。

 

それも、医学界に十分に影響力をもたらすだけの

実験を行おうと考えたら、何人もの人で検証を行う必要性があり

実際に長時間のトレーニングを長年行う実験はに行われていないのかもしれません。

 

人間の麻酔がなんで効くのかまだ医学的にはわかっていないように、

もしかしたら、長時間のトレーニングによる視力回復も医学的に

説明するのは難しいけど、実際には回復する可能性があるのかもしれませんね。

 



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ