便が緑色で下痢は腸の不調が原因!僕もなりました

緑色の便が出ると体調が悪いのかと、不安になるものです。

それが、下痢ならなおさらです。僕自身、便が何日も緑色状態が

続き、気になって原因を調べてみました。



スポンサーリンク


便が緑色は腸が不調状態

便が緑色になる原因として、

”たん汁に含まれるビリルビンが酸化して便が緑色になる”

というの文がどのサイトにも書かれています。

けど、いまいちわかりにくかったのでいろいろ調べて情報を整理するとこんな感じです。

 

 

肝臓でたん汁生成(ビリルビン)される

ビリルビンが肝臓から腸に移動

腸の調子悪いと腸でビリルビンが吸収されずに腸内にたくさんのビリルビンが存在

ビリルビンが腸内の空気に触れてビリルビンが緑色(酸化)になる

便はビリルビンを含むため、緑の便完成

 

便が緑色になる原因は大半がこのビリルビン絡みみたいです。

そして、腸の調子が悪いときは下痢にもなりやすいため、

緑色の下痢になることも結構あるようです。

 

そのため、緑色の便を治すためには腸に悪いことを

やめたり、腸にとって良いことをする必要があります。

 

実際に緑色になったケース

便が緑色になっていても何を改善すればいいのかわからないと思うので、

僕の事例も併せて、腸にとって悪い(便が緑色になる)事例をご紹介します。

 

冷たいものを取りすぎ

これは僕の事例なのですが、大量に冷えた飲み物を摂取するので

冷たいものをついつい沢山腸に注ぎ込んでいました。

 

すると、腸が冷えるため温度が下がり消化器系の

血行が悪くなり、使える血流量が少なくなるため



スポンサーリンク




結果として腸の機能が低下してしまいます。

 

自分の場合は、冷たい飲み物の摂取量を減らしたことにより

緑色の便が改善しました。

 

他にも、ネット上の書き込みでは

アイスクリームを沢山食べて便が緑色になったという書き込みも見られました。

 

大食いしたケース

また、冷たいものを食べる以外にも、

沢山食べ過ぎても当然腸への負担が大きくなるため

腸にとってはよろしくありません。

 

例として、キュウリを2日で10本食べて

緑色の便になったという人もいました(汗)

 

過食に心あたりがありましたら直してみてください。

 

下剤を摂取したケース

下剤を倍量などの多量摂取によっても

緑色の便になるケースが見られます。

 

いつも以上に摂取量が多い場合は量を減らし、

また、普段から下剤を使用していて量を変えていないのに

緑色の便の場合はそのまま何日か様子見したほうがいいでしょう。

 

コンビニ弁当をいつも食べてるケース

コンビニ弁当にはたくさんの添加物が使われており、

コンビニ弁当を毎日食べ続けて1年後に腸の調子が悪くなり、

緑色の便になったケースがあります。

 

添加物は長年摂取し続けると腸内の菌の

働きを弱めてしまうようで結果として腸の機能が低下してしまうそうです。

 

コンビニ弁当がばかリ食べてる人も要注意です!

 

まとめ

腸の調子が悪くなる事例として上記以外にも、ストレスや生活習慣や

栄養不足などいろいろあります。

 

悪い点を改善しても緑色の便が続く場合には、

病気の可能性もありますので病院に行かれることをお勧めします。

 

 



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ