くしゃみで鼻血が出るなら手術も検討してみて

くしゃみをするだけで鼻血が出てしまう人も

世の中にはいます。そんな人向けに、原因と

解決方法についてご紹介します。



スポンサーリンク


くしゃみで鼻血が出る原因

くしゃみは瞬間的に腰に300kgの負担がかかるそうです。

そのため、鼻の中の粘膜が弱っている人が

くしゃみをすると毛細血管が切れて、鼻血がでてしまうことがあります。

 

鼻血対策

くしゃみで鼻血が出ないようにするためには

粘膜を強くすることで、鼻血を出にくくする事が出来ます。

 

①レーザー手術で鼻血を出にくくする

鼻をレーザーで焼き、回復させる事で

粘膜を厚くするという方法です。

 

実際にレーザー治療を行った人のブログを

拝見すると費用は4000円程度、

手術も麻酔をして実際にレーザーで焼く時間は3分程で

痛みも麻酔をして行うので痛くないみたいです。

 

ただし、効果は1年程しか持続しないので



スポンサーリンク




ボクシングなどのスポーツをやっているなどの

特殊な場合以外はあまりオススメではないかもしれません。

 

②鼻の乾燥を防ぐ

鼻の乾燥を防ぐことで鼻血の予防に繋がります。

乾燥した部屋を避ける。水分を沢山摂取するなど、

普段あまり水分を摂取しない人は心がけましょう。

 

③栄養補給で粘膜強化

粘膜を強化するためにもビタミンAやビタミンB2、

タンパク質を多く摂取するようにしましょう。

 

 

タンパク質は粘膜の源となる栄養素となり、

ビタミンはタンパク質が体に吸収されるための補助を担っています。

 

そのため、両者ともに欠けてしまうと

粘膜を作る事はできません。

 

ビタミンAは肉や魚、卵、チーズ、ヨーグルトなどの

動物性食品やにんじん、ほうれん草、かぼちゃなどの野菜にも

多く含まれています。

 

またビタミンB2はレバー、うなぎ、納豆、卵、牛乳などに

多く含まれています。



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ