昼抜きダイエット中の友達との食事の断り方

昼抜きダイエットをしているときに困るのが、

友達からのお誘いです。特にダイエット中だと直接的に伝えるのは

抵抗がある人もいるかと思います。

 

そんな方向けに、友達のお誘いの断り方についていくつか

例をご紹介したいと思います。



スポンサーリンク


ダイエットを減量中と言い換える

ダイエットと言うのが抵抗がある場合、減量という言葉を使う方法もあります。

「この頃体調イマイチでね。病院行って血液検査して貰ったら血糖値が余り良くないって。糖尿病予備軍だって。32才だもんね~、中年になる前に取り敢えず少し減量した方がいい、って~」

 

医者に忠告された・・・

「健康診断に行ったら中性脂肪が高いから外食はやめなさい。と言われちゃって・・・」

太ってる人限定ですね。

 

虫歯の治療中で・・・

「実は虫歯の治療中で、噛むと歯が痛いんだよね。食べるの遅くなっちゃうし。気を使わせちゃうから・・・」

2週間ぐらいなら使えそうな言い訳です。



スポンサーリンク




それ以上は、怪しまれる可能性があります。

 

金欠アピール

「今月○○で使いすぎちゃってピンチなんだよね・・・」

やさしいお友達だとおごってくれるかもしれません。

 

先客アピール

「○○さんと食べる約束をしていたから・・・」

外にいる友達と一緒に食べる約束をしていたなどと言うことで

一緒に食事するのを回避することができます。

 

忙しいアピール

「仕事の準備をしときたいから・・・」

「○○銀行にお金をおろしに行きたいから」

「○○を買いにいかなくちゃいけなくて・・・」

「家に○○を忘れたから、家に帰らくなちゃいけなくて・・・」

ちょっぴり罪悪感はありますが、忙しい系アピールは、

友達も抵抗なく納得してくれるかと思います。

 

体調が悪くて・・・

「実はお腹の調子が悪くて・・・」

「胃がだるくて・・・」

毎日お腹が痛いとはさすがに言えませんが、

数回なら一番現実的な言い訳かと思います。

 

 



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ