体の柔らかさと睡眠時間の関係を考えてみた

「股関節を柔らかくすることで、睡眠を良くすることができる。」

これはある本に書いてあったことなのですが、実際のところどうのか。

 

僕自身、短眠を目指しており、体を柔らかくすることと、

睡眠時間の関係性があるのか調べてみました。

 

ちなみに、自分が読んだ本には股関節を柔らかくすることで

・力むことがなくなる

・血行を良くする

と書いてありました。

 

また、後から調べたことによると

・老廃物を排出してくれる

・血流が良くなる

とも言われています。

 



スポンサーリンク


睡眠時間が短く体が柔らかい人の事例

体が柔らかい人と言えば、バレエダンサーということで、

バレエダンサーで睡眠時間を公表している人を探しました。

・志賀育恵さん:5時間

・松岡梨絵さん::6~7時間

・本島美和さん:6時間

・ダンサーワタナベさん:5~6時間

結果、日本人の平均睡眠時間である7時間43分よりも

1時間~2時間ほど短い結果となりました。

バレエダンサーの中では睡眠時間が長い人の例が見つからなかったので、

体の柔らかさと短眠とある程度の相関関係があるかと思われます。



スポンサーリンク




ただし、睡眠時間が短くても体が硬い人や、

体が柔らかくてもロングスリーパーの方もいらっしゃいました。

睡眠時間が短く体が硬い人の事例

・伊集院光さん:睡眠時間3時間(ラジオで自身の体が硬いと発言している。)

体が柔らかくてもロングスリーパーな人

・白鳳:睡眠時間16時間

遺伝子的にロングスリーパー、ショートスリーパーの人もいる?

体の柔らかさのかかわらず、睡眠時間が極端に短かったり、

長かったりする人がいることから、

 

遺伝子的に、睡眠時間を長くしなくてはいけない人や

短くしなくてはいけない人が存在するのではないかと思います。

 

もし、あなたが短眠を目指している場合には、ストレッチや

睡眠環境を整えるなど、やれることを実行し、

それでも睡眠時間が減らせない場合には、素直に諦めるのがいいのかもしれません。

 

僕自身、2016年1月12日現在短眠を目指して、

日々記録を取っています。実際に実行していることなどが

気になる方はぜひこちらの記事も併せてご覧ください。

睡眠時間が8時間越えの私が短眠を実践してみた



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ