貼るカイロ寝るとき使うのは危険!寝るときの装着には秘密兵器を使うべき

寝るときに貼るカイロを使う場合大丈夫なのか、

また使用上の注意点についてお伝えします。

 



スポンサーリンク


寝る時張るカイロ直接はダメ

寝るときに張るカイロは始めに言っちゃうと危険です。

寝てるときに張るカイロは長時間にわたって同じ場所を

温め続けるため、日中の体を動かしているときに使うときと違って、

 

やけどの危険性があります。また、カイロが背中と布団の間に挟まり

密閉状態になったりすると、熱が逃げていきませんので余計にやけどの危険性が高まります

 

そのため、仮に寝るときにカイロを使うとしても

肌に直接使うのはやめましょう。

 

低温やけどの症状

張るカイロは張らないタイプのカイロよりも

一定の温度を保っている時間が長くなっています。

スクリーンショット_012817_114243_PM

 

あるメーカーのカイロでは、その温度は

張るタイプでは、最高63度、平均53度となっています。

 

低温やけどの目安として、

44度で6時間以上、

50度では3分間密着させるとやけどを起こす危険性があると言われており、低温やけどを防ぐためにもカイロの扱いには注意が必要です。

 

低温やけどは温度が低いため皮膚表面ではなく

皮膚の深いところで生じ、皮膚の赤みや、ズキズキとした痛み、水ぶくれ、また最悪の場合は壊死してしまうこともあります。

 

寝るとき張るカイロを使う方法

上記で紹介した通り、寝るときにカイロを使うのは危険なので、

使用する際には工夫して使いましょう。

 

①カイロを直接ではなく洋服の上に張る



スポンサーリンク




始めは、寒いですが徐々に温まってきます。

直接張るのは控えましょう。

 

②ベルトを使う

 

洋服の上からでも熱い場合、カイロを布にくるんで

熱さを調節しましょう。すると、張る機能が使えなくなってしまうので、

そこで登場するのがカイロベルトです。

 

カイロベルトを装着して、そのポケットに、布にくるんだ

カイロを入れて使うことで睡眠中でも熱すぎずに

カイロを使用することができます。

 

また、洋服に張っていても取れてしまう人なども

ベルトを使うことで安心してカイロを使うことができます。

値段も1000円以下とお手頃で、レビュー評価数も

154件と非常に多いのでお勧めです。



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ