短時間睡眠のコツを睡眠時間6時間以下の人に聞いてみた結果

短時間睡眠をするにはどうすればいいのか?

実際に短眠している人から短眠のコツを聞いてみました。

 



スポンサーリンク


睡眠時間4時間という人の意見

・遅い時間に寝る4時間と早い時間に寝る4時間では、疲れや睡眠の質が変わるので、遅くても23時までに寝るようにします。それが慣れてきたら、4時間でも苦痛じゃなくなります。

・環境を整えることです。枕は必ず自分にあったものを選びましょう。あと、寝返りできる状態でないと、体に負担がかかってしまいます。適度な運動も大事です。運動すれば疲れにくい体になるので短眠には適しています。

・短眠を続けるコツ。私の場合は短くても毎日良い眠りになるようにしています。布団は常にふっくら、静かな環境、寝る前に水を飲む、トイレを済ませるなどです。
そして週に1日は長く寝る時間を作る感じです。

・最初は辛いですが、体を慣らすことが1番です。なぜそうしなければいけないか目標でもなんでも良いので自分の中で決めることです。後は休みの日でも寝て、起きる時間は同じにする事です。



スポンサーリンク




 

睡眠時間5時間という人の意見

・昼間にちょっとだけお昼寝をするんです。そうするとお昼寝をしない時はすごく眠くなっちゃうのに、一気に回復して深夜遅くまで起きられるんです。

・寝付けないときはあえて半減期が2時間程度の睡眠導入剤を飲みます。そうすれば熟睡しやすいので朝もスッキリ起きられます。

・コツは寝る時間です。テレビで見てわかったことですが昼間の睡眠は夜の睡眠よりも3倍効率がいいらしく例えば昼間に3時間寝るとすれば夜に9時間寝たのと同じ時間だそうです。

 

睡眠時間6時間という人の意見

・睡眠時間は短くても、寝る前にヒーリングの曲を聞いたり、深い眠りにつけるように、リラックスさせてから眠る。

 

まとめ

短眠のコツは

・23時までに寝る

・枕を変える

・適度な運動

・布団を変える

・静かな環境

・寝る前に水飲む

・寝る前にトイレに行く

・目標を持つ

・起きる時間を変えない

・昼寝する

・睡眠導入剤を飲む

・ヒーリングの曲を聴く

という結果になりました。

 

自分はこの中から、寝る前に水を飲むということを

取り入れていこうと思います。

 



スポンサーリンク


 あなたにオススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ